チャイルドシート・チャイルドシート貸出

交通安全関係 自転車にTSマーク
ハンドルキーパー運動・飲酒運転罰則強化
チャイルドシート

道路交通法により、運転者が6歳未満の幼児を自動車に乗車させる場合に使用が義務付けられている。違反の場合は行政処分の基礎点数が1点付加される。

衝突時の安全確保だけではなく、幼児や学童の場合は車内で暴れるなどして運転の妨げになることがあるので、安全運転のためにも装着が必要である。

乳児用シート
新生児〜12か月位までの乳児
(体重10kg未満 身長70cm以下)


特 長

乳児期は首がすわっていないため、寝かせるタイプになっている。この時期は、衝突の衝撃を体の大きな部分で受け止め、肩、背中、腰など骨格の強い部分に分散させる必要がある。

進行方向と反対の向きに使用する「シートタイプ」と、横向きに使用する「ベッドタイプ」がある。


「ベッドタイプ」は、乳児・幼児兼用タイプに多い。ベッド
タイプは、 6か月頃まで使用し、その後は背もたれを起こす。

幼児用シート
1歳〜4歳位
(体重9kg〜18kg 身長65cm〜100cm)


特 長
幼児の首がすわり、自身で座れることが使い始めの目安。

3点固定式、2点固定式があり、3点固定式が主流を占めている。

学童用シート
4歳〜10歳位
(体重15kg〜36kg 身長135cm以下)


特 長
「座面を上げて背の高さを補う」「腰ベルトの位置を子どもの腰部に合わせる」ことによって、大人用の座席ベルトが使えるようにするもの。
(座布団やクッションによる代用は、滑りやすくベルトの位置も不安定になり、非常に危険。)

学童用チャイルドシートは、大人用に開発されたシートベルトを子どもが正しく使用できるように調整する補助装置であり、乳児用や幼児用シートとは大きく異なる。

側面衝突に対応したヘッドサポートが付いているタイプもあり、このタイプでは、子どもが居眠りをして姿勢をくずした時でも、シートベルトが首にかかる心配がない。

選び方のポイント
体格に合わせて適切な種類を選択する。
自動車のシートの形状に合うものを選択する。メーカーから適合表が用意されている。取り付けが容易であること望ましい。
価格と安全性能は比例しない。価格が安くても運輸大臣(国土交通大臣)による技術基準を満たしていれば、一定の安全性は確保されている。
自治体や各種団体による補助金、無料貸出、リサイクルなどの制度が設けられている。
チャイルドシート専用の保険がある。
チャイルドシートにはISOFIXという国際標準化機構が定めた固定方式の基準がある。これは誤使用を防止し、車両と適合性をさせるものである。チャイルドシート側のコネクタ(金具)と車両にあるバー噛み合わせる事により、固定させる。
着衣型は日本独自のもので、安価でありその手軽さが長所としてあげられるが、ハーネスが股間や首を圧迫する可能性があると研究もある。

チャイルドシートの貸出しの問合せは岩手県交通安全協会へお願いします。

 交通安全協会会員の方
・貸出し期間〜3カ月
 状況により延長最大3カ月まで
・貸出し料金〜会員無料
・返却時要クリーニング
・会員証の提示
 非協会会員の方
・貸出し期間〜1カ月
 
延長はありません
・貸出し料金〜有料
 
時期によっては在庫が無くなることがございますので
ご了承ください。(お盆・正月等)
ホーム 事業概要 運転免許関係 交通安全関係 活動報告
盛岡交通安全協会役員 運転免許証の更新手続き チャイルドシート
盛岡交通安全協会職域分会 運転経歴証明書の交付手続き チャイルドシートの貸出
主な事業内容 その他取扱業務の場所と時間 自転車にTSマーク
各種 標識・マークの販売 ハンドルキーパー運動
会員入会のお願い 飲酒運転の罰則強化
交通事故見舞金制度
     Copyright(C)Morioka Traffic Safety Association All Right Reserved.
     (一社)岩手県交通安全協会盛岡支部 盛岡市紺屋町2−9 盛岡市勤労福祉会館2F